今日も どこかで、なごみどん

これから和水堂(なごみどう)への来院を新たに検討している方々へどのような施術所なのかを患者さん方の治験例から伝えられたら・・・と、思い開設したブログです!

夜泣き治療  

若林優希くん(2歳男児):ひたちなか市

12月2日に2か月前から夜中に何度も目が覚めて、泣き叫ぶようになったと来院。
一緒に来たお母さんもホトホト疲れ切ってる感じがしました。
手足を診せてもらおうとしましたが、嫌がり診せてくれませんでしたので
脚のツボを小児針で軽く擦り
その後 背部を小児針で、軽くさすって 終わりましたと言うと、
お母さんが「これで終わり?」とビックリしてましたが
小児は自然治癒力の塊である事を説明し、この日の治療を終了しました。

治療2回目12月3日
来院時、お母さんが「昨日はゆっくり寝てくれました!あれだけで
ホントに効いて驚きました!」と喜んで言ってくれました。
この日は嫌がらなかったので、手足を診せてもらい
やはり脚のツボを小児針で軽く擦り、肩背部、後頭部、背部を
小児針で、軽くさすって 終了しました。
その後、12月6日・10日と同様の治療をしましたが
4回目の帰りにはすっかり慣れた様で、施術後、お母さんの腕に
抱かれ、寝ながら帰って行きました。
小児針の効きが大変良かったお子様でしたので4回で終了としました。
このように、小児針とは簡単な治療で最大の効果をもたらします!
痛くない治療なので子供が嫌がらない事も大きいと思います。
「泣く子には勝てない」と言いますが
夜、子供の夜泣きで眠れない場合、お父さん・お母さんが精神的に
参ってしまいますので、お困りの方は早めにご来院ください
スポンサーサイト

category: 和水堂での治験報告

tb: 0   cm: 0